保険加入前に知っておこう

生命保険に加入している人で、自分の健康に自身の無い人は
保険に加入してから病院に行く方が安全です。

平成22年4月に新保険法が施行されました。
以前は保険会社が重要と定めるものについて
保険契約者(加入者)は自ら報告をしなければならない
「自主申告義務」が取られていました。
嘘の告知を行っていた場合保険契約の取り消しや
保険料の割増など、ペナルティーがあり
たとえ保険契約者が知らなかったとしても
告知義務が発生する保険契約者にとって不利な法律でしたが
法改正によって「質問応答義務」と改められました。
このことで「保険会社から質問されたことにのみ」答える義務が発生します。

保険加入時に口頭で健康の健康チェックをうけることがありますが、
高額な保険金な場合は糖尿検査・血圧測定などの
検査が必要な場合があります。
勤務先で行った健康診断書を提出しても良いのですが、
健康診断では保険会社に聞かれた事以外の項目も結果が出されています
もし悪い数値が出ていた場合、
保険に加入できなくなってしまう可能性もありますので
指定された項目ののみの健康診断を受けて提出した方が安全です。


5年以内の病歴を聞かれた場合も、
嘘をついてはいけませんが、たとえ6年前に病気をしていたとしても
聞かれた事以外の余計な情報は黙っておきましょう。
聞き上手なセールスマンと話していると
うっかり言ってしまったなどといったことがあるかもしれませんので
気を付けておいた方が良いですね。

聴診器

保険によっては健康な人やタバコを吸っていない人の方が
保険料が安くなるものもあります。
タバコを吸わない、血圧や肥満などの心配の無い方は
健康体割引
が無いか聞いてみて下さい。

女性の場合、妊娠や出産をする前に保険に入っておく方が安心です、
帝王切開や異常分娩などの可能性があります
入院の可能性が高い時期という事で、
出産後でないと保険加入出来ない場合があります



TOPページ保険の営業マンの話