保険金の請求期限

生命保険や自動車損害保険など
もしもの時に備えて加入する保険ですが、
保険金を請求する事が出来るのは事故など
加入した保険に適応する支払事由が発生した日の翌日から
3年以内に手続きを取らなければ、請求する事が出来なくなります。

生命保険の場合、生存保険を始め、死亡・医療など
生命保険の支払事由の発生日の翌日から原則3年間。
自賠責保険の被害者請求の場合は
障害・死亡時の損害賠償支給は原則として事故から2年間で時効となります。

この場合の時効とは、 請求可能期間が過ぎれば
自動的に請求する事が出来なくなるのではなく、
保険会社から加入者に
「時効になりましたので保険金を支払う事が出来ません」など
保険会社からの意思表示があった次点から、
保険金の請求権が無くなる
という事です。

訴訟やなど何らかの事情がある場合は
保険会社に時効間での時間を延ばしてもらうと
保険会社の対応次第では時効期限を考慮して貰えます。
保険会社が時効を使わない限り保険金は受け取れます。)

松葉杖


自動車の任意保険などで後遺症認定が必要な場合は
請求期限が切れる前に保険会社に請求しておく必要があります。

自動車保険料率算定会が後遺症等級の検査を行いますが
注意しておきたい事はリハビリ中など
治療中は後遺症等級の申請できない事です。
後遺症診断は「これ以上治療しても現状以上の回復が無いと」
判断された時に書いてもらう物ですので治療中は申請できません。
時効後に後遺症が発祥した場合、請求権が切れていれば
保険を請求する事が出来なくなります、
保険会社に事情を説明して請求権がなくならないよう
交渉しておく必要があります。




TOPページ保険の営業マンの話